資料請求
新築一戸建て・工務店(島根県)なら大福工業トップへ ->  よくある質問

質問1 工務店の営業さんは、口下手で頼りなくて...。

回 答
「私にお任せ下さい!」営業マンの決めセリフです。

しかし、営業マンに全てを任せて大丈夫でしょうか?
家づくりには得てして口約束が少なくありません。営業マンがいなくなれば、その約束は終わります。
平均3年程度で転勤になる事が多いのです。なぜ転勤するのでしょうか?

よぉくお考え下さい...。

そこへいくと、工務店は社長・社員・職人が地元の人間です。
転勤もありません。繰り返しますが、工務店は地域に根ざして商売しています。
そこで働く営業マンも、お客様一人ひとりを心から大切にしたいと願っているものです。

質問2 小さな工務店には、腕の良い職人は集まらないと聞きますが?

回 答
確かに大手ハウスメーカーのように立派な展示場を建てる気はありません。
しかし、無理に規模を大きくしないで家づくり&住む人の事を考えて経営しています。
したがって無駄な広告費や経費をかける事もありません。

そして、その分の腕の良い・信頼できる最高の職人を雇うことに廻しています。
また、腕の良い職人ほど自分の技に泥を塗る様な家づくりには参加しないはずです。

誠実な家づくりをしていれば、必然的に腕の良い職人ばかりが集まるのですよ。

質問3 地元工務店&木造在来工法は、欠陥住宅が多い様に思うが...?

回 答
工務店&木造在来工法は欠陥住宅が付きものとの事ですが、なぜ木造住宅ばかりが槍玉にあげられるのでしょうか。

それは最も古くからある工法で、分かりやすい構造が確立されているからです。
つまり、誰もが間違いを指摘しやすいんですね。

他の工法の家は歴史が浅く、良い点・悪い点が分らず指摘のしようがないのです。
だから、分り易い体制の弱い工務店ばかりがターゲットにされているのです。 

特に阪神・淡路大震災を境に、木造建築は大きく変わりました。

過去の失敗も教訓に、想像されている以上に生まれ変わってますのでご安心ください。

質問4 家を建てるときに資金計画や返済計画をたてる場合、どのような点に注意すればいいですか?

総経費の20~30%は、出来るだけ自己資金で用意すると返済計画がスムーズに出来ます。

年収にしめる年間返済額の割合は、年収にもよりますが20~30%程度に抑えた方がいいです。

ボーナス返済の割合はできるだけ少なくし、貯蓄にまわした方がいざと言うときに助かります。
また、繰上げ返済をすると、返済期間がぐんと縮まりますよ。資金計画は無理のない返済が一番です。

質問5 家をたてるときの費用(必要経費)は?

回 答
住宅ローン手続き費用
(印紙税、登録免許税、登記手数料、融資手数料、保証料、団体信用生命特約料・火災、地震保険料(特約火災保険料、特約地震保険料)・引越代、 

家をたてる経費の10%程度は、必要経費としてかかります。

その他必要な資金をお客様から聴き取りさせて頂き、概算ですが総額資金の試算をさせて頂きます。

質問6 持ち家と賃貸はどちらが得ですか?

回 答
賃貸は、ローンなどの借入れがないため気が楽ですが、自分の資産にならず一生家賃を支払う必要があります。

一方、家を建てる方はローンなどは必要ですが個人資産となります。

ただ長期の多額な借入になるので将来の家族構成など、計画的な配慮も必要です。

またどちらが得か損かは人それぞれの価値観によって異なりますので事前にご家族での十分な話し合いが必要です。

質問7 無理のない資金計画で予算内に納めたいのですが?

回答
リクルートの調査でも、家を検討中の方の一番関心が高いのは価格だということが明らかになっています。 

では、無理なく予算内に収める上で、最も大切なこととはなんでしょう?

それは、「総額を把握する」ことです。 

たとえば、チラシやカタログに載っている価格は本体価格と言い、これは建物だけの価格です。
それ以外に必ず必要となってくる費用があるのです。
総額を把握するためには、本体価格の中に何が含まれるのか、それ以外にどのような費用がいくら必要なのかをしっかり押さえることからはじめましょう。

本体価格の中に含まれるものは各工務店・住宅会社によって全く異なります。
また、それ以外の部分には、主に付帯工事・地盤改良工事・外構工事・融資諸費用・登記費用・税金などが挙げられますが、これらの費用はお施主様ごとに、或いは敷地条件や資金計画の状況などによって大きく異なってきます。 

これらを把握した上で、比較検討することが必要です。 

質問8 資料請求や、展示場へ行くと強引な営業が心配ですが?

回答
たとえば、レジャー気分で総合展示場へ行って、センターでアンケートに記入したり、モデルハウスごとにアンケートに記入したりすると、トンでもない事になり、もう怖くなって、家を建てるのをやめる人もいるくらいです。

しかしやめる人はまだいいほうです。

もっと怖いのは、予算や資金計画も自分で十分把握しないまま、営業マンに、いつの間にか乗せられて、気がついたら家を建てていたという人たちです。

ご安心下さい。

私ども大樹ホームならご見学に来ていただいても、絶対、強引な営業や迷惑な訪問は一切いたしません。

私たちは、いい仕事をしたいので、現場での施工管理やOBのお客様のアフターメンテナンスに全力を尽くします。

そのため、年間棟数も毎年の状況に応じて限定します。

私たちは、私たち自身が納得のいく品質を確保できるということにこそ、私たちの存在意義を感じているのです。

ですので、資料をご請求いただくと、見学会やモデルハウス、新商品などのご案内はさせていただきますが、決してご迷惑となるような強引な営業は致しません。

それよりも先ず、お客様がお客様自身の目で、お客様の意思で、私たちの仕事を見てもらいたいのです。

構造・工法や完成した家やお客様が既にお住まいのお宅をご確認いただきたいのです。

比較・検討していただきたいのです。

お待ちしております。

今すぐ、お問合せ・ご相談はこちらから!

お問合せ・ご相談

新築一戸建て・工務店(島根県)なら大福工業トップへ ->  よくある質問